自治体に出すよりお得?

自治体でも粗大ごみの回収は行っています。
業者に出すのか、自治体に出すのか、粗大ごみの回収はどちらがお得なのでしょうか?

比べるべきポイント

比べるべきポイントがあります。
いくつかあるのでここで見てみましょう。
まず、処分してもらえるもので比べましょう。
捨てたいと思っても捨てられないものが多いのが自治体です。
意外とこれはだめ、アレはダメと規定があって捨てられないことが多いので業者の方が融通が利くかもしれません。
次に処分の手間暇で比べてみましょう。
手間を考えると業者の方がスムーズです。
なぜなら粗大ごみ回収業者なら電話1本で家の中まで取りに来てくれますが、自治体はまずゴミを捨てる回収券を購入しなければいけません。
そして指定された場所に自分で指定された日に出さないといけないので、大変です。
解体にも対応していませんので大変です。
そしてスピードです。
スピードについては自治体は、収集日が決められているので自分の都合では出せません。
土日の回収もしていません。
しかし業者は電話1本でもしかするとその日のうちに取りに来てくれるかもしれません。
即日対応できるのが魅力です。
日時を指定して土日でも取りに来てもらえますし、夜間でも希望すれば取りに来てもらえます。


値段で比較する

様々な比較ポイントがありますが値段での比較は重要です。
たとえば、自治体は、税金で補われているので、比較的安い値段です。
ソファーだと1600円、ベッドだとマットと枠組み別々でそれぞれに1600円です。
それに対して業者は、ソファーは5000円程度、ベッドはマットも一緒で5000円となっているので少し自治体よりも高めです。
その分家の中まで取りに来てもらえますし、自分の都合のいい時間に取りに来てもらえるのがメリットです。
こうしたことを見て、自治体か、業者かどちらがいいのか検討してみましょう。
融通がきかなくても安いほうがいい人は、自治体ですし、高くても融通が効く方がいいなら業者となります。